患者さんに寄り添い家族を支え地域で信頼される医師を目指して。

1 金沢医科大学氷見市民病院の概要

昭和23年7月に氷見郡国民健康保険団体連合会が氷見郡厚生病院を開設。昭和29年4月に氷見市が同病院の権利義務を承継し、昭和36年6月から市が直接運営する氷見市民病院となり、平成20年4月からは金沢医科大学が指定管理者として氷見市民病院を運営、金沢医科大学氷見市民病院としてスタートを切りました。

診療科としては、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、内分泌・代謝科、血液・リウマチ膠原病科、呼吸器内科、神経内科、高齢医学科、総合診療科、心身医学科、小児科、一般・消化器外科、胸部心臓血管外科、整形外科、産婦人科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、救急科の26科が設置されています。そのほか、中央診療部門、薬剤部、看護部があり、これらの協同によって診療が行われています。

[病床数] 250床 (一般病床245床、結核病床5床)
[職員数] 456人 ※パート・アルバイト職員のぞく
(医師41人、初期臨床研修医3人、看護師236人、看護補助員32人、薬剤師 11人、放射線技師14人、臨床検査技師16人、理学療法士27人、作業療法士13人、臨床工学技士6人、視能訓練士2人、言語聴覚士2人、歯科衛生士2人、管理栄養士3人、ソーシャルワーカー3人、事務職員39人、技能職員6人)
※病床数及び職員数は、平成29年4月1日現在。

2 研修指導体制

当院の臨床研修は、臨床研修管理委員会の管理のもとに運営されています。臨床研修管理委員会では、研修プログラムの作成方針の決定、研修医の募集など研修医の全体的な管理のほか、研修医の研修状況の評価など、臨床研修全般について管理運営を行います。

また、このプログラムには、プログラム責任者が置かれており、プログラムの作成、管理のほか、研修期間を通じて個々の研修医の指導・管理に当たります。

各診療科では、指導医が、研修プログラムに基づき直接研修医の指導を行うとともに、研修医に対する評価を行い、その結果をプログラム責任者に報告します。

■ 臨床研修管理委員会 平成29年4月1日現在

委員長
福田 昭宏(副院長・プログラム責任者・臨床研修センター長・循環器内科長・教授)
副委員長
森山 学(副プログラム責任者・泌尿器科長・教授)
委員
畑島 淳(麻酔科長・教授)
髙田 久(副院長・脳神経外科長・教授)
笠巻 祐二(総合診療科長・教授)
富岳 亮(神経内科長・教授)
浦島 左千夫(消化器内科長・教授)
伊藤 智彦(内分泌・代謝科長 准教授)
渡邉 晴二(皮膚科長・准教授)
井口 晶晴(院長補佐・呼吸器内科長・准教授)
齋藤 淳史(腎臓内科長・准教授)
波多野 栄重(整形外科長・准教授)
小畑 貴司 (胸部心臓血管外科長・講師)
藤木 拓磨 (小児科長・講師)
林  圭(一般消化器外科・助教)
高木 雅美(副院長・看護部長)
小堀 勝(薬剤部長)
上端 雅則(副院長・事務部長)
堤  貴夫(人事課 課長代理)
外部委員
北山 道彦(金沢医科大学病院 病院長)
北川 清秀(厚生連高岡病院 院長)
島中 公志(公立穴水総合病院 院長)
守田 万寿夫(高岡厚生センター所長)