本文へジャンプ

地域医療専門医取得プログラム

能登北部地域医療研究所の地域医療専門医プログラム

能登北部地域医療研究所の地域医療専門医プログラム
日本プライマリ・ケア連合学会から認定される!

― 総合医・家庭医としての専門医資格を目指す皆さんへ!
総合医・家庭医・プライマリケア医のスペシャリストを目指す研修プログラムが完成しました ―

専門医研修プログラム(3年)

認定機関  一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会認定
プログラム名 能登北部総合診療後期研修プログラム Ver2.0
取得資格 日本プライマリ・ケア連合学会専門医
研修施設 能登北部地域医療研究所&公立穴水総合病院
プログラム責任者 中橋 毅(能登北部地域医療研究所所長・教授)
問い合わせ 金沢医科大学 能登北部地域医療研究所
TEL 0768-52-0655
FAX 0768-52-0658
E-mail : ccm@kanazawa-med.ac.jp

個々の希望に合わせた研修プログラムを用意しています

金沢医科大学 能登北部地域医療研究所では、能登北部地域圏に安定的に医師の定着を図る仕組みとして、特徴ある人材育成システムを構築してきました。当研究所では、その具体策として、総合医・家庭医としての専門医資格を目指す医師(後期臨床研修医や地域医療、開業を目指す医師)を対象として人材育成プログラム(3年間)申請の準備を進めてきましたが、今般、日本プライマリ・ケア連合学会から認定されました。これにより、地域医療をめざす初期臨床研修修了後の医師が後期臨床研修医として大学や病院に定着することが期待されるだけでなく、他県の総合専門医・家庭専門医を目指す医師が本学に集まることが十分に期待されることになります。

本学は「教育の金沢医科大学」を合言葉に、社会から求められる良医の育成プランを準備して新しい時代の要求に対応しています。能登北部地域医療研究所は、医学部教育や臨床研修指導を大学や病院と一体となって進めて参りますので、“教育の場”“研修の場”として積極的にご活用ください。

日本プライマリ・ケア学会専門医(家庭医療専門医)とは? この専門医資格はどうすれば取得できるの? 当プログラムが目指す医師像