本文へジャンプ

研修医・学生の声

武田栞幸さん(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017. 7.10 ~ 7 .19.

武田栞幸さん(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017. 7.10 7 .19.

~公立水総合病院・能登北部地域医療研究所での実習を終えて~

 私は、710日から19日の間、穴水総合病院にお世話になり、総合診療科のBSL実習を行いました。初日には、穴水町や奥能登の高齢化率が40%を超え、これは、数十年後の日本を象徴しているということを教えていただきました。今回の実習では、自分が医師として働いている将来の日本の様子を疑似体験させていただいたことになると思います。高齢化し、地域に密着した形での医療ではかかわる医療者の経験値の大きさが大事になってくると思いまいした。今回の実習で交通機関、無医地域など、訪問診療が必要になる要素は様々にあることがわかりました。何かしらの理由で病院に通うことができない方、通わない選択をされた方に必要になってくるものが、訪問診療や訪問看護、訪問リハだと思います。その一つ一つを提供するためには、マンパワーが必要になることは当然です。しかし、それ以上に、病院のように多くの医療機器がそろっているわけではないご自宅で診療をするためには、限られた資材の中で診療を完遂ために、技術と経験、臨機応変さなどが必要とされるように感じました。看取りについても、ご自宅でとするとさらに必要になるのは医師側のフットワークの軽さだと考えられました。訪問診療を成り立たせるうえで最も大切な要素の一つは患者さんのご家族のサポートであると思います。

こうしたことは、大学病院での、来院された患者さん、入院されている患者さんを診せていただく実習だけでは気づかなかったことです。今回、5年生という段階でこれだけ地域の医療について見学させていただき、考え、自分なりの意見を言う機会をいただけたことは非常に貴重でこれからの財産の一つになると確信しています。

今回の実習の中で、もうひとつ、強く感じたことは、医療で用いる道具の使い方は、事前に知っていないと何もできないということです。当たり前のことですが、「こういう患者さんにはまず、こういう治療をします」ということを、教科書などで勉強して知識を持っていても、実際には、その治療をするための道具の使い方を知らないものばかりで何もできないということに気づかされました。

最後になりましたが、訪問診療に同行させていただき、多くのことを教えてくださった中橋先生、医学生としてどう頑張るべきか教えてくださり、お気遣いいただきました濱中副部長、医師のあるべき姿を教えてくださった小浦先生、優しく、能登の素敵なところもたくさん教えていただきました安田先生、近川先生、親切にしてくださいました橋本さん、濱崎さん、研修医の林先生、上野先生、山田先生、公立穴水総合病院のスタッフの皆様、に心より感謝申し上げます。

 20170719takeda2.jpg

川口健太君(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017. 6.29 ~ 7. 7.

 

●川口健太君(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017. 6.29 7. 7.

~公立穴水総合病院・能登北部地域医療研究所での実習を終えて~


20170707 kawaguchi02.jpg6
29日から77日にかけて,穴水総合病院にて実習をさせていただきました.初日のオリエンテーションにて,現在の穴水の高齢化率は将来の日本全体の高齢化率と同じでると伺いました.高齢化社会では高齢者の増加や生産人口の減少から,サービスの質が落ちてしまったり,医療費・介護費用が大きな負担になったりと様々な問題が生じます.将来自分が医師として働いているころに直面するであろう,この問題に対して穴水総合病院では現在どのような取り組みで対応しているのか,どのような解決法があるか,という点に特に注目して1週間という短い期間ではありましたが学ばせて頂きました.

穴水総合病院では,無医地区の方々の健康診断を行っていたり,訪問診療・訪問看護・訪問リハを通して,患者さんだけでなく家族の体調にも気遣っていたりと,非常に地域に寄り添った取り組みをしていました。

しかし,そんな穴水でもやはり医療・介護施設やスタッフの不足,介護者の高齢化などまだまだ問題点が多く残っているように感じました.

今回の実習で,今まで知っているつもりで全く知らなかった日本の現状を垣間見ることができました.高齢化社会が抱える問題点に対する自分なりの答えは1週間では見つけることはできませんでした.社会全体が問題意識を持って解決していかなければいけない問題ですが,これから医師になるものとして積極的に考え,周囲の人とともに解決策を模索して行こうと思います.

最後になりましたが,レクチャーや診察方法・手技を教えて下さった中橋先生,様々な話題から医師に必要な事を教えて下さった濱中副部長,これからの医療問題について熱く教えて下さった小浦先生,親切にして下さった近川先生,橋本さん,濱崎さん,公立穴水総合病院のスタッフの皆様に心より感謝を申し上げたいと思います。

 

山口奈奈子研修医(大阪市立総合医療センター) 研修期間:2017.6.1~6.30

山口奈奈子研修医(大阪市立総合医療センター) 研修期間:2017.6.16.30

201761日から30日の1か月間、公立穴水総合病院にて地域医療研修をさせて頂きました。穴水は高齢化率が高く、過疎化や高齢化がますます進む日本の将来であり、ここでの問題点に私たちは真摯に向き合わなければならないと思い、研修させていただきました。ここ穴水病院では外来や入院の他、訪問診療等も行っています。訪問診療や訪問看護に同行させていただいた際、病院での診療だけではみえてこなかった患者さん個々の疾患以外の問題点に気づかされました。医師は病気をただ治すだけでなく、患者さんの社会的背景等も踏まえた医学的、社会的介入を他職種と連携して行う必要があると感じました。これは今後高齢化のますます進む日本では重要なことだと思いました。
また一方では、能登半島の人々や自然に触れ、地域ならではの人々のあたたかさを感じることができました。
公立穴水総合病院・金沢医科大学能登北部地域医療研究所での研修を経て、これまでとはまた違った視点を得ることができ大変有意義な研修となりました。このような貴重な機会を与えてくださった関係者のみなさまに心より感謝を申し上げたいと思います。
20170630yamaguchinanako.jpg

福淳 史研修医(金沢医科大学病院) 研修期間:2017.6.1~6.30

福淳 史研修医(金沢医科大学病院) 研修期間:2017.6.16.30

金沢医科大学病院研修医の福淳史と申します。公立穴水総合病院・能登北部地域医療研究所では6月の一か月間研修させていただきました。石川県に移り住んでから8年が経っていますが能登地方に足を延ばしたことはなく、穴水の地を訪れるのは初めてのことでした。穴水町の高齢化率は約40%と2050年の日本の予測平均高齢化率に相当するそうですが穴水病院での研修を通してその現状を実際に肌で感じることができ、地域医療の一部を見させていただきました。勉強すべきことはとてもひと月では足りず、すべてがわかったとは思いません。しかし今まであまり無かった地域医療についての意識が変化し、向き合い方のきっかけが掴めたと思います。たくさんの出会いがあった一か月でしたが心残りとして今回は冬の海産物が食べられなかったということで、牡蠣のシーズンにまた穴水に遊びにきたいと思っています。穴水で学んだことを大学での診療に生かしつつ修行に励み、次に皆さんとお会いするときには少し成長した姿をお見せできたらと思います。また穴水町の皆さん、中橋先生をはじめ、金沢医科大学能登北部地域医療研究所、病院関係者の皆さんには大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
20170630fukuatsushi.jpg

安井友紀(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017.6.19~6.27.

安井友紀(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017.6.196.27.

 ~公立穴水総合病院・能登北部地域医療研究所での実習を終えて~

金沢大学医学部5年の総合診療実習にて、1週間ほど穴水総合病院で地域医療について学ばせていただきました。実習初日に、中橋先生から穴水における高齢化社会の現状は40年後の日本の高齢化社会と同じであるといううお話を聞かせていただき、この実習で体験することは自分が将来医師として働く上でとても大切な経験になっていくものだと感じました。

今回の実習では、訪問看護、訪問リハビリ、訪問診療、あゆみの里見学などをさせていただきましたが、これまで金沢大学で行っていた実習とはまったく違ったものでした。患者さん一人一人に、貧困や独居などといったこの穴水という地域ならではの背景があり、先生方はただ単に疾患に向き合うのではなく、患者さんそれぞれが持つ様々な問題についてしっかり考え、患者さんがより良い暮らしをできるように努力されている姿を見てとても感銘を受けました。一口に医者といっても実際に行っている仕事は、地域によって全く違ったものなのだなと感じ、改めて医者という仕事の多様さや面白さについて触れることができたと思います。

また、外来見学においては普段先生方がどのようなことに留意しながら問診、診察を行っているかを教えていただき、さらには実際に何人かの患者さんに対して僕自身で診察させていただく機会があり、とても勉強になりました。

最後になりましたが、レクチャーや外来などで様々なことを教えていただいた中橋先生をはじめとした能登北部地域医療研究所の皆様、公立穴水総合病院やあゆみの里のスタッフの方々、訪問看護士の方々、そして実際に診察や問診などをさせていただいた穴水の患者さん達に心からお礼を申し上げたいと思います。1週間という短い間でしたが、大変お世話になりました。ありがとうございました。

20170627 yasui yuiki voice.jpg

マグデブルグ大学(ドイツ) 医学部6年 レンツ フライア ソフィーさん「地域医療実習」2017.6.27

Lenz Freya-Sophie(ドイツ マグデブルグ大学) 2017.6.27 

On the 27th of June, I visited Anamizu General Hospital as a part of my Exchange programme in Kanazawa Medical University. The one-day-rotation included visiting Dr. Nakahashi's Outpatient room and joining him on Home visits in Noto Area. I enjoyed my stay in Anamizu very much. I learned about the difficulties of healthcare and economy in the Japanese countryside with an aging population. I was very impressed by the kind and respectful way of communication between the Doctors and their patients. Not only do they take care for the patient, but also for a safe and healthy environment and for the nursing relatives and their wellbeing.
 
フライヤー20170627.jpg

竹村直起君(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017.5.29~6.6.

竹村直起君(金沢大学医学部5年) BSL総合診療 実習期間:2017.5.296.6.

    公立穴水総合病院・金沢医科大学 能登北部地域医療研究所での実習を終えて

529日から66日にかけて、この公立穴水総合病院で地域医療の実習を行いました。この穴水では高齢化が進んでおり、2015年では45%となっています。この高齢化率は40年後の未来の日本と同じであるとの話を聞き、ここで見た、聞いた、感じた経験は近い将来、日本の至る所で目の当たりにすることになるだろうと思い、真摯に向き合っていかなければならないと感じました。 今回の実習では、病院内よりも病院外での実習の方が大きなウェイトを占めていました。例えば、無医地区へ赴きなかなか病院へ通えない方の健康診断等を行い、訪問診療、看護、リハでは、実際に患者さんの家に伺って、診察や看護、リハビリを行いました。実際に家に伺うと、患者さんだけではなくその家族の方の暮らしが見ることが出来ました。その際、感じたのは、患者さんだけでなく家族の体調にも気遣っているのが非常に印象的でした。家での介護は家族の方の協力が必須であり、家族も含めての診療ということが感じられました。 また、金沢医科大学 能登北部地域医療研究所には多くの学生や、研修医の先生方がいらっしゃっており、他大学の方と交流できる非常にいい機会となりました。特に、研修医の先生とお話しした際に、将来を見据える上でためになる体験や診察における技術、アドバイスなどをいただき、これから生かしていきたいと思いました。 最後になりましたが、講義や診察だけでなく地域医療そのものを体験させてくださった中橋先生、実習のための準備や穴水について多く教えて下さった濱中副部長(兼)副所長さん、橋本さん、濱崎さん、医師になるうえで知っておくべきことを熱く教えて下さった小浦先生、近川先生、公立穴水総合病院の皆様や多くの方々に心より感謝を申し上げたいと思います


20170606 takemura 02.jpg 

 

佐野 誠君(東海大学医学部6年) 実習期間:2017. 5. 22 ~ 6. 3

  佐野 誠君(東海大学医学部6年)

 ~能登北部地域医療研究所での地域医療実習を終えて~

 今回東海大学6年次の地域医療実習として、石川県穴水町にある公立穴水総合病院で実習をさせていただきました。穴水町では高齢化が進んでおり、2015年の高齢化率(65歳以上の割合)は45.5%4割を超えています。高齢化は日本全体の問題ともなっており、穴水町は将来の日本のモデルであるとも考えられます。その穴水町における地域医療がどうなっているのか2週間にわたり学ばせていただきました。

実習内容として、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリ、僻地医療、離島診療所や介護老人福祉施設の見学など、病院外での実習が盛り沢山でした。その他病院内にて救急診療や処置見学、先生方の講義や勉強会等も実習に組み込んでくださっています。病院内での実習で学ぶことも多かったですが、やはり私は病院外での実習に多くの刺激と学びを感じました。大学病院での医療とは異なり、公立穴水総合病院では地域に根ざした医療に重きを置いています。訪問診療や看護、リハビリでは患者様、そしてそのご家族との距離がとても近く、連携して患者様の生活の質を向上させるための医療が行われているように感じました。生活の質を向上させる、ということは患者様のライフスタイルを知っていなくてはいけないし、介護者であるご家族とのコミュニケーションが良好でなくては不可能です。また、ライフスタイルを知るにはその土地の文化やその土地に住む人々の特徴も学ぶ必要があり、医療従事者として単に疾患を治療すれば済むわけではありません。救急医療に関しても僻地に住んでいる方は単純に搬送に時間がかかるほか、重症度によっては遠くの病院を選択する必要がでてきます。こうした地域特有の悩みに対し、効率のよいシステムの構築や素早い判断が医療関係者に求められるのだと気付かされました。
地域医療についての書物を読み、知識を入れておくだけでは、本当に地域医療について知ったとは言えないのだと感じました。
2週間という短い期間でしたが、実際に穴水という土地に来て地域医療に触れられたことは、医師になるうえで非常に大切な経験になったと感じています。所長の中橋先生をはじめ、能登北部地域医療研究所の皆様には大変お世話になりました。
今後この経験は医師として必ず活きてくるものだと感じています。本当に
2週間ありがとうございました。

 20170602 toukai 02.jpg

朝香隆明君(東海大学医学部6年) 実習期間:2017. 5. 22 ~ 6. 3

朝香隆明君(東海大学医学部6年)

~能登北部地域医療研究所での学外実習を終えて~

2017522日より2週間、公立穴水総合病院能登北部地域医療研究所にて実習させて頂きました。初日の中橋先生によるオリエンテーションで、『穴水は日本の将来を表している』という言葉の意味に疑問を感じていましたが、翌日からの実習でその意味を段々と知ることになりました。2035年には3人に1人が高齢者になる日本において、穴水町の様に既に若い世代の人が減り高齢者自身が地域を支える主体となっている地域は、いまの都市型に見られる医療とは異なっていたのです。一般的に都市部での医療は、町の中心に病院などの医療機関が存在しそれを住民が利用するといった関係図が成り立ちますが、地域医療という環境では、まず住民が中心に存在し、それに対して周りに病院や訪問リハビリ、訪問看護、地域住民などが存在し手を取り合って互いに関係を築いていました。この様な環境下では、医師としては一人一人の心情や日常生活などといった背景を把握しておく必要があり、そのために実際の現場に赴き自身の眼と耳と心を用いて対話する事が重要であると感じました。地域医療とは、地域で行っている医療の事であると解釈している人が多いと思いますが、実際の地域医療とは、医療だけでなく多くの組織と住民全体を巻き込んだ地域づくりの事を指しているのだとこの実習を通じて痛感しました。最後になりましたが、中橋毅先生をはじめ能登北部地域医療研究所の皆様、穴水総合病院のスタッフの皆様、快く診察させて下さった地域住民の方々に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

20170602 toukai 03.jpg 

宮野涼至研修医(東京大学附属病院) 研修期間:2017.5.1~5.31

 宮野涼至研修医(東京大学附属病院)    研修期間:2017.5.15.31

 金沢出身で祖母が七尾に住んでいる私にとって穴水という町は耳馴染みがあるが訪れたことのない町でした。私にとって能登といえば七尾でした。それがこの度ご縁があり穴水総合病院で一か月間、地域医療という形で研修させて頂きました。 多くの町村が抱える少子高齢化の舞台となっている穴水、ここには40年後の日本があります。無人の家、休耕田、バスの本数の減少。「田舎は自然が多く、静かで住みやすい」という標語は健康な時のものです。それでも人は生活をするのです。医師として医療の側面だけでなく患者様の人生背景を踏まえたものを見る必要があるのだと感じました。 穴水でさせていただいた体験はどれも貴重なもので、これからの医療者としてのなるべき姿だけでなく人としてどういう人生を歩むか、を再考する機会になりました。また、穴水におりなす自然やその中で生きる人々、その集団が作る暖かい空気を感じました。このような貴重な体験をさせていただき公立穴水総合病院だけでなく、穴水の皆様方にこの場を借りて心からの感謝を申し上げたいと思います。
miyano regi.JPG

 

一覧を表示する