トップページ > トップページ

病理学 I 講座 Department of Oncologic Pathology

 がんをはじめとする疾患の病理診断の分子基盤の解明を目標とし、蛍光バイオセンサーを用いて「観察する」に加えて「操作する」技術も併せ、「生きた病理学」を展開します。
金沢医大での紹介ページはこちらです。

2008年1月1日から2017年3月31日までに、金沢医科大学病院にて結腸癌、直腸癌の手術を受けられた方 (20170821) 

診断のために作製した病理標本を使用して研究 します。使用して欲しくない方は、pathol1@kanazawa-med.ac.jp まで、ご連絡ください。

What's New?

2018年 7月3日 18時から 病院12階 特別会議室
第32回腫瘍病理セミナー(大学院セミナー)を開催します。
演者:岡崎統合バイオサイエンスセンター 教授 青木一洋先生
題名:細胞内シグナル伝達系の定量生物学
イメージングとモデリングを駆使した硬派・定量生物を理解するための基礎と応用の講義です。たくさんの参加をお待ちしております!

2018年 6月21-23日
第107回日本病理学会総会にて、相川が「結腸直腸癌の微小乳頭状領域および低分化胞巣におけるEzrin蛋白の免疫組織化学的検討」、羽藤が「心臓粘液腫の細胞分化に関して:カルレチニン陽性細胞と内皮との関連性」の題目でポスター発表しました。 清川は、ワークショップ「新規技術を用いた新しい研究アプローチ」にて「ライブイメージングでみる細胞集団移動」の題目で口演を行い、北大・津田先生と共に座長も務めました。意外なことに?立ち見が出るほどの大盛況でした。ありがとうございました!

2018年 6月19日
医学部6年生・羽藤の研究課題「心臓粘液腫の細胞分化についての病理学的研究」が、平成30年度スチューデントリサーチャープログラムに採択されました。頑張りましょう!

2018年 6月6-8日
清川が、第70回日本細胞生物学会(日本発生生物学会合同大会)にて「MDCK cyst rotation as a model of ductal or acinous cancer cell collective invasion」の題目でポスター発表しました。

2018年 6月5日
清川が第20回 KMU研究推進セミナー バイオイメージング in KMUにて「動く細胞を見るライブパソロジー」の題目で講演しました。

教室の沿革 

1974年 (昭和49年) 9月1日 
小田島粛夫教授が着任、病理学第一講座を開設。

1997年 (平成9年) 10月1日 
田中卓二教授が着任。

2011年 (平成23年) 8月1日 
清川悦子教授が着任。