北信がんプロ

プログラムの概要

多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プランとは

 がんは、我が国の死因第一位の疾患であり、生涯のうちに約2人に1人が、がんにかかると推計されているなど、国民の生命及び健康にとって重大な問題となっており、新たながん対策が求められています。
「今後のがん対策の方向性について」(平成27年6月)や、「がん対策加速化プラン」(平成27年12月)などにおいては、ゲノム医療の実用化に向けた取組の加速化、小児がん及び希少がん対策、AYA(Adolescent and Young Adult:思春期および若年成人(15歳〜39歳))世代や高齢者等のライフステージに応じたがん対策のほか、緩和ケアに関する教育の推進等が、新たなニーズとして求められています。
そのため、本事業は、大学間の連携による「がん医療人材養成拠点」において、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築し、がん医療の新たなニーズに対応できる優れた「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」を養成することで、我が国におけるがん医療の一層の推進を目的として実施します。(公募要領より抜粋)

平成29年7月本事業に採択された11のプログラムの内のひとつが金沢大学、信州大学、富山大学、福井大学、金沢医科大学、石川県立看護大学の共同申請による「超少子高齢化地域での先進的がん医療人養成(北信がんプロ)」です。