本文へジャンプ

金沢医科大学

教学課(大学院担当)

達成目標・運営体制・評価体制

事業の期待効果:達成目標

  • 患者の立場に立ったがんチーム医療リーダー養成により、円滑な多職種連携による臓器横断的がん医療が進歩し、全人的がん医療が普及
  • 地域にがん専門の医療人が定着し、地域のがん医療レベルが向上
  • 都市部の専門病院と地域医療の連携(がん早期発見、術後の経過観察、贅沢化学療法、緩和ケア等)が促進され、地域十便の利便性およびがん医療の均てん化が向上
  • 医療スタッフの地域定着による地域医療の活性化
  • 休職中の医療スタッフの地域がん医療への復帰促進
  • 国際レベルの優れたがん研究能力を有する高度がん研究医の早期養成

事業の運営体制・評価体制

 連携5大学、地域医療機関、自治体、患者会等による運営協議会を最高意思決定機関とし、連携5大学による総務委員会、教務委員会、キャンサーボード委員会が実際の運営を行います。各大学連携についてはコーディネーターが調整し、教員の資質向上のためFD委員会を設置して定期的研修、ワークショップ等を実施します。
プログラムの評価システムとして、内部評価委員会、外部評価委員会を立ち上げ、定期的評価を実施し、PDCAサイクルが確実に回るようにし、当初のKGI、KPIが達成されるよう定期的にモニタリングしていく。また、上記の各種委員会の中でも定期的にPDCAサイクルが回るようモニタリングを行います。

大学間連携の考え方(大学ごとの役割分担や連携のメリット等)

 大学間の実質的連携による各大学得意分野の教育コンテンツ拡充、単位互換の推進、多職種連携プログラム実施が可能となり、北陸地区全体として、がん医療レベル、研修レベル、研究レベルの向上を図ります。また、大学間連携により多職種間連携地域ネットワークが充実させることにより、過疎地域を含む北陸全域のがん医療の均てん化に繋げます。
今回のプランで設置した教育コースは補助期間終了後も基本的に継続させ、特にがんプロ共通科目の大学連携による単位互換は、北陸地区のがん教育のコンソーシアムの一環として位置付け、教育モデルとなるよう改善・発展させます。

 

 

PAGE TOP