本文へジャンプ

金沢医科大学

教学課(大学院担当)

事業の概要

 本事業は、平成19~23年度実施の「北陸がんプロフェッショナル養成プログラム」と連携し、北陸地区において、医学系がんチーム医療リーダー養成コース、がん看護専門看護師養成コース、がん専門薬剤師養成コース、がん専門放射線技術・医学物理コースなどを設置し、臨床現場でチーム医療のリーダーとして活動できる人材を養成することを目的としています。

 本学、金沢大学、富山大学、福井大学の医科系4大学および石川県立看護大学の看護系1大学の共同実施体制によります。
スキームは、①がん教育改革(本科8コース)、②地域がん医療への貢献(インテンシブ11コース)、③がん研究者養成(本科2コース)より構成されています。

  • ①がん教育改革
    IPEによるチームマインド養成カリキュラム、多職種連携によるチーム医療のリーダー 養成カリキュラム、医科系大学連携による単位互換制度を実施
  • ②地域がん医療への貢献
    能登北部地区等の医療過疎地域を拠点とした地域がん医療研修、インテンシブコースによる 地域がん医療の指導者養成、がん専門医の地域定着を狙いとするコースを設ける。また、地 域がん医療に貢献できる看護師養成コースを設け、地域看護の活性化、休職中看護職復帰を 図る
  • ③がん研究者養成
    国際機関連携教育、卒前・卒後一貫教育、MD-PhDによる学部・大学院一貫教育による高度 な研究能力を有するがん研究者養成を実施

 

 

PAGE TOP