認プロ

履修内容

大学院生の場合:
 主として専攻する科目の3科目(講義、演習、実験実習各4単位)、副として専攻する科目1科目(講義、4単位)、共通科目のうち必修の医の倫理または生命倫理学のいずれか(1単位)の他、認知症専門医系科目のe-Learningおよびテレビ会議システム活用によるデメンシアカンファレンスの受講等による講義、演習、実習から構成される15科目から8単位以上を修得し、認知症に関連する学位論文を作成することによります。

科目等履修生の場合:
 認知症専門医系科目4単位以上を修得することによります。
 以下は、認知症専門医系科目の履修方法となります。

講義(9科目 10単位)

e-Learning受講による科目1
対象科目

認知症基礎、認知症症候学、認知症検査・診断学、認知症治療・予防学、認知症ケア・リハビリ・地域支援・倫理、認知症各論Ⅰ、認知症各論Ⅱの7科目各1単位

履修方法

金沢大学のサーバーに自身のパソコンからアクセスし、各科目約60分×5回のビデオ講義を聴講のうえ、デメンシアカンファレンスまたは認知症関連学会(セミナー含む)に2回以上参加し、確認テスト等を受講すること。

e-Learning受講による科目2
対象科目

研究倫理(1単位)

履修方法

CITI Japan プロジェクト」のサーバーにアクセスし、対象科目を履修すること。
※「CITI Japan プロジェクト」とは、「研究者育成の為の行動規範教育の標準化と教育システムの全国展開」(代表校:信州大学)の略称。文部科学省 「大学間連携共同教育推進事業」の採択事業で研究一般に関する倫理をe-Learningで提供している。

その他の履修による科目
対象科目

認知症特論(2単位)

履修方法

本大学院で行われている認知症関連の講義を受講することによる。

演習(4科目 4単位)

テレビ会議システムを活用したデメンシアカンファレンス(症例検討会)に1科目につき8回以上参加する。
 本カンファレンスは、金沢大学、富山大学、福井大学、金沢医科大学(4大学)の持ち回りでテレビ会議システムを利用し開催され、北陸3県の関連病院等も参加する。

対象科目

認知症診断・治療学演習Ⅰ〜Ⅳ(各1単位)

本学会場

基礎研究棟3階 大学院セミナー室(テレビ会議室)

開 催 日

毎月1回予定(年間12回) e-mail等で随時案内する。

 

実習(2科目 6単位)

対象科目

地域認知症疫学・予防・ケア実習、認知症・神経難病の臨床病理実習(各3単位)

履修期間

期間を問わず(大学院在籍期間内)135時間(1単位45時間)