金沢医科大学出版局・RV選書

meiyo.jpg

金沢医科大学出版局刊行物

 出版局は本学教職員の手になる各種学術書や教養書、出版局の企画書RV選書、学内で使用する教科書、教材、実習書、年史、業績集などを刊行しています。

2017-06-27

RV選書:

金沢医科大学はReverentia Vitae「生命への畏敬」を基本コンセプトとする書籍を「RV選書」として刊行している

LinkIcon前のページへ

|1|2|3|4|5|

解剖学者がみたミケランジェロ :RV選書

michel2.jpg
金沢医科大学医学部教授 篠原治道著

定価(本体1,800 円+税)/A5 判変形、273 頁
発行 金沢医科大学出版局
発売 紀伊國屋書店
2009年1 月15 日発行
ISBN978-4-906394-35-7
書店取り扱い中

 本書はサン・ピエトロ大聖堂のピエタを題材とした「かくも生存徴候にみちたキリストが死んでいるのか?」に始まり24章にわたり、彫刻史上最大の巨人ミケランジェロのほとんど全作品ならびに彼の生い立ちを題材に、今まで数限りなくある彼に関する著作とは全く違った「解剖学というより医学という切り口」で、彼の彫刻に秘められた真実に迫る快作である。
「この小文はミケランジェロ作品を筋や静脈などの、いわゆる体表解剖学や美術解剖学の視点から考えるという立場をとっているので、どちらかと言えば芸や術に関する知識の話が中心となる。これらに加えて、ミケランジェロの幼少期を振り返ることによって彼の精神形成のプロセスを少しなりとも理解することが出来れば、作品をより深く味わうことができるのではないだろうか」(第六章 ミケランジェロの生い立ち(一))と著者が述べているように、内容的には、ミケランジェロ作品の解剖学的解説と彼の精神形成のプロセスと作品とのかかわりが中心であるが、話題に応じて、医学史、循環生理学、感染症学、脳科学、児童心理学へと、その思考は柔軟かつ深く広範囲に展開されている。また、第七章に記述されている被虐待児の<傷ついた脳>をはじめ、殺伐とした現代社会への警鐘となるような鋭い指摘も少なからず含まれており考えさせられることも多い。
 読むうちに著者篠原治道先生と一緒にミケランジェロの彫刻を鑑賞し、イタリアの都市や田舎を歩いている気分に引き込まれる。 

(出版局)