眼形成外来

眼形成外来

眼形成外来ではまぶたのトラブルに対して専門的に診察・治療を行っています。
主な取り扱い疾患には眼瞼下垂(うわまぶたが黒目にかかるくらい下がってしまう)、眼瞼内反(いわゆる逆まつ毛)、眼瞼腫瘍(まぶたのできもの)、眼瞼痙攣(まぶたがピクピクして開けられない)などがあります。

これらの疾患が原因で失明することはほとんどありませんが、進行すれば視野(見える範囲)や視力に大きな影響を及ぼすことになります。

また、眼球を取り囲むまぶたはドライアイや黒目の傷といった目の表面のトラブルと密接に関わりますので、注意が必要です。

これらの疾患は手術やボトックス注射で治すことができます。
まぶたは顔の中でも年齢の影響が出やすい部位ですので、手術をすることで見え方の質も上げることができる素晴らしい治療と言えるのではないでしょうか。

まぶたが下がって上の方が見えにくい、TVを見るのにあごを上げて見ている、まぶたのできもの、目が開けにくい、目がゴロゴロする、まぶたがピクピク痙攣するなどまぶたに関してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

外来担当表

眼形成外来柴田奈、國正