本文へジャンプ

患者さんへ

当院で実施中の臨床研究へ戻る

血液・リウマチ膠原病科

最終更新日:2018年04月17日

研究タイトル
担当者
研究期間
シェーグレン症候群の厚生省改訂診断基準(1999年)とアメリカリウマチ学会(ACR)-ヨーロッパリウマチ学会(EULAR)分類基準(2016年)の日本人における比較検証のための多施設共同研究
正木 康史
2020年3月31日まで 詳細
JALSG参加施設において新規に発症した全AML、全MDS、全CMML症例に対して施行された治療方法と患者側因子が5年生存率に及ぼす影響を検討する観察研究(前向き臨床観察研究)
坂井 知之
2026年3月31日まで 詳細
非癌、慢性炎症性リンパ節・骨髄異常を示すキャッスルマン病、TAFRO症候群その類縁疾患の診断基準、重症度分類の改正、診断・治療のガイドラインの策定に関する調査研究
正木 康史
2020年3月31日まで 詳細
IgG4関連疾患の診断基準並びに治療方針の確立を目指した研究
正木康史
2020年3月31日まで 詳細

ページの先頭へもどる