もの忘れ外来

目的

年齢を重ねるにつれ、周りの人に「いつも同じことを聞く」と指摘されたり、今日が何月何日かわからなくなるなど「もの忘れ」は多くの人が経験しますが、生活に支障を来たすような認知機能低下が起こると「認知症」と呼ばれます。認知症センターでは「もの忘れ外来」を設け、「認知症」の早期発見・早期治療に努めています。

対象

  • 認知機能の低下が気になる方

※受診の際は、患者さんの普段の状態をご存じの方からも時間をかけてお話を伺います。「ご本人の普段の様子をご存じの方」と一緒に受診してください。

内容

◇受診の流れ

ものわすれ外来1.png

 

認知症を早期発見・早期治療することが、結果として患者さんとご家族の負担を軽くすることにもつながります。他の病院・医院に通院しておられる患者さんは、主治医の先生から地域医療連携事務課にお電話いただき、受診予約をしていただけます。上記の流れで受診となり、確定診断後、薬剤投与など行い状態が落ち着いた時点で、「ご紹介いただいた先生」に診ていただくこととなります。かかりつけ医のおられない方は地域の医療機関と連携し、適切な医療が受けられるように支援致します。

診療日・時間

月~金(9:00~12:00)

担当医

入谷 敦 医師
奥野 太寿生 医師
中島 久美絵 医師

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)