写真1:乳房温存手術を受けた右乳房

写真2:左乳房を人工乳房で再建している

乳腺外来

目的

乳癌の診療は一般の医師でなく、乳腺専門の医師が担当する時代となっています。乳腺外来では専門的知識と技能を持った医師が診療を担当します。

対象

  • 乳癌検診を定期的に受けたい方
  • 乳癌検診のマンモグラフィーで要精査となり、精密検査を希望される方
  • 乳癌の診断や治療についてセカンドオピニオンを希望される方
  • 乳癌と診断され、治療(手術など)を希望される方
  • 乳癌が再発し、より適切な治療を受けたい方

内容

乳癌の診断と治療は、乳腺外科医と共に様々な専門家が協力して集学的に行います。これは専門家がそろっている大学病院の強みです。乳癌の診断は外来で行います。乳腺外科医が診察した後、マンモグラフィー、超音波検査、MRI検査などの画像診断(放射線科医や技師)を行い、疑わしい病変があれば、乳腺外科医が針を病変部に挿入し、組織や細胞を採取し、これを顕微鏡で検査して診断します(病理医)。手術に必要な検査は外来で行いますが、手術は短期間の入院になります。乳腺内分泌外科では体に優しい縮小手術(乳房温存術やセンチネルリンパ節生検)だけでなく、整容性に優れた新しい手術、ムービングウインドー手術を開発し、乳房温存術や乳房全切除術を行っています(写真1)。乳房全切除術後、乳房の再建を希望される場合、乳腺外科医が乳癌の手術を行った後、形成外科医が乳房再建を担当します(写真2)。うまく行けば、温存乳房や再建乳房は正常乳房と変わらないまでに進歩しています。乳房温存手術では術後、温存乳房に放射線療法を行います(放射線科医)。これは毎日、通院できれば、外来で行います。また、再発の予防や治療のため、腫瘍内科医と相談して化学療法を行っています。これは、最初の一回は入院が必要ですが、それ以降はほとんど、外来で行われています。疑問に思う点や不安な点があれば、担当の医師や看護師さんに相談して下さい。

◇レディースチェック(乳がん検診)についてはこちらをご覧ください。

診療日・時間と担当医

9:00~12:00 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
外来1 野口(昌)教授
野口(昌)教授

野口(美)講師
あるいは大野医師
外来2
野口(美)講師  大野医師 野口(美)講師  野口(美)講師 野口(美)講師  
超音波検査 大野医師   大野医師  
 
超音波検査 放射線科技師 放射線科技師 放射線科技師 放射線科技師 放射線科技師 放射線科技師

担当医

野口 昌邦 教授

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)