【早期の舌がん】

口腔腫瘍外来

目的

口腔に発生した悪性腫瘍(がん)や良性腫瘍について手術・治療後の定期的な経過観察を行い、再発・転移などの早期発見に努めるとともに、口腔機能の維持・改善を目指します。

<対象>

  • 口腔の悪性腫瘍(がん)や良性腫瘍の手術・治療を受けられた方
  • 口腔腫瘍に関連する病変(前癌病変、前癌状態)をお持ちの方
  • 他院で口腔腫瘍の治療を受けられた方

内容

口腔腫瘍は悪性腫瘍(がん)の場合、同じ場所にもう一度できること(再発)や、がんが別の場所にとんでしまうこと(転移)があります。口腔腫瘍外来では、手術や治療が終わってから退院された後、定期的に再発や転移が無い事を確かめていきます。この経過観察は、実はがんの手術や治療以上に大切な事です。口腔腫瘍外来での経過観察にて異常なければ患者さんも安心ですし、不幸にも再発・転移をきたした場合は、まだ治療がしやすい早い段階で発見できます。

一方、口腔に発生する良性腫瘍は、転移をする事はありませんが、再発しやすい事が特徴です。何年、あるいは何十年も経ってから再発する事もあります。そこで口腔腫瘍外来では、長い年月をかけての経過観察を続けます。また深い部分の異常を発見するために、定期的にCT等で精密検査を行いながらの診察をしていきます。

また、口腔粘膜にはがんになりやすい様々な疾患(前癌病変)が発生し、長い経過を経てからがんに移行する事があります。多くは難治性でお薬では治りません。そこで、口腔腫瘍外来ではこれらのがんに関連する前癌病変についても、がんになっていない事を定期的に確認し、万が一がんになってしまった場合には早期にがんの治療を開始します。

特徴

全国に数名しかいない口腔がん専門医・指導医と、北陸3県では1名しかいない診断医(口腔病理専門医・指導医)が常勤で配属されていますので、精度の高い診断・治療を受けて頂く事ができます。また、診断には負担や痛みの少ない最新の技術をたくさん応用しています。

診療日・時間

月曜日(13:30~16:00)

担当医

瀬上 夏樹 教授

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)