小児アレルギー外来

目的

適切な問診検査に基づく診断と定期通院での治療管理によって小児アレルギー児の生活の質(QOL)を向上させることを目的とします。

<対象疾患>

  • 食物アレルギー(食物依存性運動誘発性アナフィラキシー)
  • 小児気管支喘息
  • 乳児アトピー性皮膚炎
  • 小児の慢性蕁麻疹

内容

食物アレルギー

食物アレルギーは血液検査のみでの診断は困難です。血液検査で陽性でも食べられる場合があり、不必要な除去を続ける可能性があります。必要最小限の除去食と適切な時期の除去解除に向けた対応が必要です。外来では適宜プリックテストや経口負荷試験、運動誘発試験も行い、適切な診断と治療管理を行います。また、病院栄養士による除去食の栄養指導も受けることができます。

アナフィラキシー時の緊急薬として必要な場合はエピペンの処方、指導を行っております。

小児気管支喘息

治療管理ガイドラインに基づき、患者さんにあった治療、指導を行っております。必要に応じて呼吸機能検査により治療効果の確認をします。

乳児アトピー性皮膚炎

乳児アトピー性皮膚炎は皮膚の炎症により痒みの強い湿疹が続く疾患です。治療は、スキンケアの徹底と必要があればステロイド外用剤の併用によって皮膚の炎症を抑え皮膚のバリア機能の改善を目標とします。また、原因検索・環境整備を行うことも重要です。

診療日・時間

初診 月・水(9:00〜11:00) 要予約

再診 月・水(9:00〜15:00) 土(9:00〜12:00)

食物経口負荷試験 月(9:00〜)

担当医

中村 利美 講師
橘高 祐子 医師                                                               

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)