小児血液腫瘍外来

目的

小児血液腫瘍外来は、小児がんをはじめとした疾患の治癒をめざし、他科と連携し、適切な診断と治療を行っていきます。

対象

  • 血液疾患(再生不良性貧血、血小板減少症 等)
  • 血液腫瘍(白血病、リンパ腫 等)
  • 固型腫瘍(神経芽細胞腫、肝芽腫、腎芽腫、脳腫瘍 等)

内容

① 腫瘍疾患に関しては、小児科・小児外科・放射線科・病理診断科と腫瘍カンファレンス(pediatric tumor board)を随時行い、連携を持ちながら診断・治療方針を検討し、治療を行っています。

② 造血幹細胞移植『臍帯血移植』:小児造血器悪性疾患(白血病やリンパ腫、骨髄異形成症候群など)では造血幹細胞移植が治療として必要になる場合があります。当科では、血液・リウマチ膠原病科の先生と協力の上、移植チームを組み、小児や成人の臍帯血移植を行っています。

③ 治療を進めていくにあたり医学的な面だけではなく、患者さんやそのご家族の心理面や患者さんの学校などへの社会復帰の支援を医師・看護師・臨床心理士・社会福祉士と連携をとりながら行っていきます。

診療日・時間

火・金(午前)

担当医

犀川 太  教授

岡田 直樹 講師

柳瀬 卓也 医師

金沢医科大学病院

〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1

TEL 076-286-3511

【診療受付時間】
平日 初診 8:30~13:00
  再診 8:00~13:00
土曜   8:30~12:00
【休診日】
土曜日の午後・日曜・祝日
年末年始(12/29~1/3)
大学開学記念日(6/1)
旧盆(8/15)